教えてキャットフード

【20匹の猫に聞く】おいしくておすすめのキャットフードは?

猫グッズ

【トイレ改善中】大きい猫用にフルカバー付き大きめトイレ 使い慣れた猫砂が一番だよね!

投稿日:

猫トイレ改善中

猫のトイレをいろいろと改善中です。

一番最初は ”腰をあげておしっこをする猫対策” でスタートしました。

 

ですから、

おしっこが飛び散らないように、壁がある猫トイレ、カバー付きの猫トイレを検討中!

 

しかし、今まで

”上から猫トイレ”、や

 

”フルカバー付きデオトイレ”

 

使ってみたものの、ご覧のようになかなか新しい猫砂や猫トイレの形に猫がなじめないでいます。

 

一度、元にもどってみようということになり、

  • 今まで使用していて猫が慣れている鉱物系の猫砂を使う
  • 大きい猫が入れるような大きめトイレ
  • おしっこを飛ばす猫用にフルカバーのフード付き

この条件にあてはまる猫トイレを探しました。

もちろん、コスパがよいこと、猫砂が飛び散らないトイレがあればいいですね。

 

フルカバー付き大きい猫トイレ発見!

 

楽天市場でみつけたのが、この大きいフルカバー付きの猫トイレ!

 

入口についていた開閉する扉ははずすことができるので、今のところはずしてます。

 

猫は、用を足す前と後、砂を引っ掻くので、これなら飛び散りは防止できます。

大きさは、デオトイレのフード付きと比較すると、

 

かなり大きい

色合いはブラウンとベージュ系にしたので、落ち着いた雰囲気です。

 

カバーをはずすと

お掃除用のスコップを立てる場所があるので便利!

 

ふたの上部に脱臭剤をいれるスペースがあります。

 

銀イオン配合の脱臭剤は1つおまけでついてきましたが、効果は2か月。次からは、2つ入りで480円(税抜)で購入することになります。

脱臭の効果は、口コミを見ると、あるとないとでは大違い という方が多いようですね!

でも、壁にかかった尿の臭いや砂をかけてない便の臭いにはかなわないと思います。

 

さてこのトイレなら、

いつもと同じ猫砂を使える
入口にすのこ付きなので、猫砂の飛び散りが少ない
フード付きなので、臭いが外に漏れにくい
大きい猫も余裕の広さ
立ってする猫に壁におしっこをかけられても平気

と、我が家の求めるトイレでしたし、色も落ち着いた色で私も気にいりました。

フードがあると、掃除をするときに、フードをはずす手間が一つ増えますが、人間の目から中が見えないのは、美観的にいいと思います。

 

大きさを再確認

この猫トイレ、大きいのは事実ですが、

入口にすのこがついているので、その分が用を足すトイレのエリアから省かれてしまいます。

すのこは、足についた猫砂を落とす役割をけっこうしている感があるので、とてもいいと思うのですが…

 

そして、トイレの中は広いので、大きい猫でも方向変換はラクにできそうですが、

 

実際に猫砂がある部分は、42センチ×44センチ

大きいトイレって…?

自分が猫に買ってあげようとしたトイレは、猫砂の部分が広いトイレだったんじゃないかな?

 

すのこはすのこで役立っているのでいいんだけれど、どうしてもそこの点がわからなくなってきてしまいました。

 

といいつつ、猫達はトイレが変わっても、猫砂が同じこともあって、なんの抵抗もなく使いだしたので、一安心 (*˃ᆺ˂)

 

トイレを設置してから、何分も経たないうちに、ヒメが入り

 

7キロ級の大きい猫 ケンジが入り

 

使用頻度の低い”デオトイレ”や”上からトイレ”に比べたら、なんという違い!

結局このトイレをリピートして、2つ設置しちゃいました!

 

立っておしっこをする猫にはピッタリでした

おしっこをする時に腰をあげたままして、壁や床におしっこが飛ぶというのが悩みでしたが、

フード付きにしたので、その点は解決!

 

フードの内側におしっこがひっかかるようになり、床や壁に飛び散るよりはマシになりました。

 

マシになったというのは、結局、フードの内側の壁についた尿を拭き取らなければならないからです。

そのままにしておくと、トイレ内に尿の臭いが充満してしまいます。

 

そのためにフード付きにしたのですから、そのくらいの手間は仕方ないですね。

 

砂落としマット付き脱臭トイレ フルカバー大き目サイズ 商品情報

本体サイズ:幅44㎝×奥行62㎝×高さ42㎝
本体重量:約2.46㎏
入口サイズ:下辺20㎝×上辺16cm×高さ19㎝

 

 

-猫グッズ

Copyright© 教えてキャットフード , 2020 All Rights Reserved.