教えてキャットフード

【20匹の猫に聞く】おいしくておすすめのキャットフードは?

トイレ 猫グッズ

口コミでは評判のいいフード付きデオトイレで大失敗! 本当ににおわない?

投稿日:

猫飼い歴20数年にして初めてかの有名なデオトイレを購入、猫達と思いもよらないデオトイレの現実と実態をご紹介します

 

 

フード付きデオトイレを使ってみようと思った訳

猫のデオトイレは口コミの評判がいいようで、前から気にはなっていました。

何がいいって、私が魅力に感じた点は

  • 締め切ったお部屋でも1週間匂わない(締め切った部屋で? ほんとうかい?)
  • オシッコの固まりをすくうのではなく、シートを交換するだけ
  • 猫砂の飛び散りが少ない(猫砂は飛び散りまくりであきらめ状態)

という点。

特に、

オシッコを含んだ猫砂の固まりを拾うのではなくて、シートをポイと捨てればいい

というのは最高の魅力に感じましたね。

毎日、猫砂を引っ掻き回して、猫砂の固まりをすくうのは本当にたいへんでこれがなくなってくれればどんなにラクか

ということで、念願の”フード付き猫のデオトイレ”を思い切って購入しました。

フード付きにしたのは、腰をあげて壁にひっかけるようにおしっこをする猫がいるからです。

デオトイレってどんなトイレ?

フード付きはどう?

デオトイレって使ってみてどう?

我が家で購入したフード付きのデオトイレのレビューや失敗談などが、このように思っている方の参考になれば幸いです。

 

 

猫のデオトイレフード付きの仕組みを解説!

猫のデオトイレ、私は初めて聞いた時にはどういうシステムなのかイマイチ疑問に思いました。

猫砂は1か月使える!
消臭シートは1週間使える!

そんな馬鹿な!

そんなことあるはずがない!

私と同じように疑問に思う方もいらっしゃるでしょうから、この猫のデオトイレの仕組みを詳しく解説しますね!

 

楽天市場で購入し、届いたデオトイレの本体セットには1回分の消臭抗菌シートと消臭抗菌サンドがついていたので、すぐに使用開始することができました。

 

まず、本体の一番下にくるのが、トレイです

 

このトレイに、消臭抗菌シートを敷きます。

 

このシートは、ねこ1匹分の1週間分の尿(約600CC)を吸収するそうです。

 

このトレイを本体に差し込みます

トレイには右と左両側に”とって”がついているので、おしっこをした場所で向きを変えて差し替えることができます。

要は、いつも同じ場所でおしっこをする猫がいるので、シートのいつも同じ場所ばかりおしっこを染み込ませるのではなく、場所を変えておしっこを染み込ませるためです。

 

そのトレイの上に、専用のすのこを乗せます

このスノコは、独自に専用開発したもので、尿が網目に残らない構造です。

 

そのスノコに、消臭抗菌サンドを広げます。

 

この消臭サンドは、尿をすばやく下層へ通過させるもの。

 

尿は、サンドを通過して、シートにたどりつきます。サンドがおしっこを吸収するわけではありません。

ウンチは、このサンドの中から取り除くことになります。

コロコロウンチならいいけれど、軟便の猫ちゃんの便の処理はちょっと難儀かもしれませんね。

 

猫1匹なら、

抗菌消臭サンドは約1か月、
抗菌消臭シートは約1週間に1度

交換すればいいそうです。

 

今回私は、フード付きを購入したので、この上にフードをかぶせれば完成

 

上から見ると、入り口が猫の顔の形になっていて、かわいい!

トイレ全体の形もまるっこく、色はアイボリーを選んだので、お部屋においても、存在感を主張しません!

 

中にはスコップをかけて置く場所があるので便利です。

 

前回購入した”上からトイレ”と大きさを比較してみると

 

少し小さ目で、丸っこい分小さく感じて威圧感がないイメージです。

さて、とてもしゃれた感じの猫のトイレが完成( ^)o(^ )

 

猫はこのデオトイレを気にいったか?

問題は、猫が使ってくれるかです。

今まで使ってきたのは鉱物系の猫砂ですが、このデオトイレのサンドはまったく違う形状。

とりあえず、少しだけ臭いのついた鉱物系の猫砂をいれておきました。

猫達も一応は興味を示して

 

何か入っているねえ…

 

入ってみるか!

 

なんだ? ここは?

 

入ってみるものの、なかなかトイレと認識してくれません。

猫砂が違うとこんなにも違うものなのでしょうか。

 

そのうち1週間位すると、やっと誰かがおしっこをしてました!

 

トレイの向きを変えて、また何日かするとおしっこをしているようでしたが、

その後も、まったく繁盛せず、使用頻度は低い。

 

猫1匹で使用した場合は、サンドが1か月、シートは1週間、交換不要とのことですが、

猫が8匹いる場合はどんなものなのか。

 

めいっぱい猫が8匹で使用すれば、もっと早く交換しなければいけないのでしょうが、

たま~にしてある程度。

 

こんな調子なので、新しいデオトイレ専用シートを購入する気にもなれず、家にあるごく普通のペット用シーツを敷いてました。

 

デオトイレ用のシーツならば、1週間交換不要とのことですが、

普通のペットシーツなので、トレイの向きを入れ替えて、2回していれば、シートを交換。

 

サンドもたまにしかしないので、そのまま使っていました。

 

1か月経った頃 おしっこまみれ!

1か月を過ぎた頃、それまで、10回位でしょうか、使用してあったのは。

 

臭いはしない、と思ってはいたけれど、

デオトイレの中を覗き込んでみると、

おしっこ臭い!

 

なんと、デオトイレ本体を持ち上げてどかしてみると、デオトイレ本体の下と床の間におしっこがたまっていました。

デオトイレ本体の外側の下の方もおしっこがついています。

どうやら、トイレ内部の壁に向かってしたおしっこが、トレイとフードの境目から漏れてでてしまっていたとしか考えられません。(後で原因は別にあると判明)

 

壁に向かっておしっこをする猫がいるので、フード付きを選んだのですが、

トイレの周りがおしっこだらけになっていて、臭いがたまりませんでした。

私ももっと早く気付けばよかったのですが、

あまり、使用されている様子もなかったし、

匂わないトイレ、手入れがラクなトイレという認識だったので、気づくのが遅れてしまいました。

匂わないトイレのはずが、たまらないおしっこの臭いで、もう本体丸ごと水洗いしました。

使用頻度が低いからといって油断していましたねえ。

 

デオトイレ 憩いの場

さて、丸洗いしたデオトイレ。

本当に壁からおしっこが漏れたのか

シーツは、デオトイレ用だったらこんなことにはならないのか

サンドは他の猫砂を使えないか

今一度、工夫してトイレとして復活させたいのですが、

今のところ、デオトイレはこんな感じ

 

ここ、落ち着いて、うとうといい気持ち(= ̄ω ̄=)

 

ここは、誰にもとられたくないニャ(*˃ᆺ˂)

 

物思いにふけるのに最適 (´pゝω・)ニャン

 

みんな、使い方を間違っていますよ~

 

このような訳で我が家でのデオトイレデビューは失敗に終わりました。

しかし、なんとか使ってみようといろいろと考え、ついには、よく使われる猫トイレへと変身ができましたよ!

こちらの記事に詳しく書いてあります↓

デオトイレ&パインウッド(木質ペレット)で使って大成功!

デオトイレフード付きでもおしっこが外に漏れる! 原因はこれ!

-トイレ, 猫グッズ

Copyright© 教えてキャットフード , 2018 All Rights Reserved.