教えてキャットフード

【20匹の猫に聞く】おいしくておすすめのキャットフードは?

トイレ 猫グッズ

デオトイレのサンドにパインウッド(木質ペレット)使用 猫トイレとして復活!

投稿日:

デオトイレをなかなか受け入れない猫達でしたが、だんだんと猫トイレとしての存在を獲得しつつあります。

デオトイレ、一時はおしっこまみれになりたいへんでした!

口コミでは評判のいいフード付きデオトイレで大失敗! 本当ににおわない?

猫飼い歴20数年にして初めてかの有名なデオトイレを購入、猫達と思いもよらないデオトイレの現実と実態を ...

続きを見る

 

しかし、このデオトイレは2つの工夫で、より使いやすいトイレ、もっと早く出会いたかったトイレに変身しました。

どんな工夫をしたのかについてのレビューです。

 

 

フルカバーのふたを半分開けてみた

 

私はデオトイレのフルカバー付きを購入していましたが、中が見えないよりも見えた方が、猫も入りやすいかなと思い、ふたを半分あけてみることにしました。

その方が、気軽に入れるような気がしますよね。

人間の世界の話ですが、2階にある店舗よりも1階の店舗の方が客が入りやすいというのと同じじゃないですか?

蓋が閉じていれば、入ってしまえば、落ち着くかもしれませんが、ちょっと入りづらい感があるかなと思ったわけです。

また、中が見えていれば、前回のように中がおしっこだらけになっているのに気づくのも早いはずです。

だったら、最初からカバー無しにすればよかったじゃん! 

とつっこまれそうですが、そもそも”腰をあげておしっこをする猫対策”を基準として、猫トイレを選んでいるので、フルカバーになったというわけです。

 

カバーを半分にしてみたら、案の定、ほとんど毎日のように使われるようになりました

これで使われるトイレへの第一歩をスタートさせました。

 

サンドに木質ペレットを使用してみた

 

デオトイレの使用頻度が低かった時には、割高感がある専用のサンドやシーツは購入する気にならずにいました。

すると、デオトイレの口コミをみていると、デオトイレをパインサンドで使っているという口コミを発見!

 

パインサンドって何?

 

パインサンドと調べてみると、アイリスオーヤマの木質ペレットの商品名。

固まらない猫砂で、尿がかかると、崩れて粉になり、すのこの下に落ちるというものでした。

最初、パインサンドってパイナップルの木を加工したものだとばかり思っていたら、パインは松の木のことでした(なんという無知( •̅೦•̅ )ʺ̤)

英語で松の木は ”pine” ですから…

天然の松を加工する時にできるものを利用して作っているようです。

アイリスオーヤマのパインサンドだけでなく、木質系ペレットは、杉やひのき、モミの木、おがくず、木炭などさまざまな材質のものが販売されています。

どれも、固まらない猫砂として利用し、天然素材であることの安全性、消臭・抗菌効果をアピールした猫砂になっています。

上の写真の猫砂は、試しに近所のホームセンターで購入したもので”天然消臭チップ”という商品名です。

 

木質ペレットの特徴の一つは、100%天然素材を使用しており、添加物は加えられていないので、猫にとっても安心・安全だということです。

 

デオトイレのすのこに敷いてみた!

崩れた木質ペレットを下に落とす必要があるので、当然、この木質ペレットを使用するのには、すのこがついている猫トイレが必要なわけです。

システムトイレをこの木質ペレットで使ってもいいのですが、パインサンド専用の猫トイレもあります。

 

 

デオトイレのすのこに、専用のサンドではなく、この木質ペレットを敷いてみました。

下のトレイには、普通のペットシーツを敷いています。

おしっこがかかると下の写真のように、ふやけて粉状になり、スコップでひっかきまわすとすのこの下へ落ちます。

                           

 

木の香りがかなりするので、尿の臭いはほとんど臭いません

おもに使用されている針葉樹には、ニオイや菌の発生を抑える効果を持つ成分(フィトンチッド)が含まれています。

木の香りがプンプンして、天然木の持つ抗菌・消臭力で、強烈な猫のおしっこ臭をシャットアウト

 

崩れて粉状になった木質ペレットはこんな感じ

 

また鉱物系のサンドだと、猫砂の固まりをすくっていきますが、どうしてもおしっこがついた細かい固まりはすくえず、残ってしまいます。

が、この木質ペレットだと、おしっこがついたものはふやけて下に落ちるので、衛生面でも優れています。

 

ペットシーツは?

私は、ペットシーツは普通の安いペットシーツを使用。

デオトイレの専用サンドは尿を吸収しないので、専用シーツにはもろにすべてのおしっこが落ちていきますが、

この木質ペレットを使った場合は、木質ペレットに吸収されなかったおしっこがシーツに落ちるので、シーツに落ちるおしっこの量はだんぜん少ないです。

朝と夕方、チェックしてシーツを交換してます。

 

ゴミの処理が軽くてラク!

ペットシーツごと処分するのですが、とても軽い! 鉱物系の猫砂の重さはなんだったんだろうと思うほど…

そして、木質ペレットは、燃えるゴミとして処理でき、トイレにも流すことができるそうです。

 

とても経済的!

猫を飼い始めて今までデオトイレを購入しなかったのは、コストがかかりそうだったから…

だけど、この木質ペレットを使えば、とても経済的に済みます (^・ェ・^)

 

楽天市場で米袋に入った大容量の木質ペレットを発見! すぐに取り寄せました!

 

とっても重いですよ~~ 持ち上げることはできず、ひきずらないと動きません。

中をのぞいてみてみると、お米、ではなく

木質ペレットです。

これだけあれば、だいぶもつでしょう。

これで、送料無料1560円ですから、デオトイレよりもずっとコスパが良いです。

 

 

システムトイレに木質ペレットの組み合わせのメリット

”固まらない猫砂”ってずいぶん前に耳にした時、固まらないならどうやって、処理するんだろう? 固まらないなんて意味ないよ!

とスルーしていました。

でも、こんなに便利な使い方ができるなんて、もっと早く気付けばよかったと思いました。

システムトイレと木質ペレットを猫トイレとして使用することのメリットとして、まとめると、

 

  • 天然木なので安心・安全
  • 排泄物の処理が簡単
  • 木質ペレットは燃やせるゴミとして処理がラク
  • 優れた脱臭効果
  • 低コスト

 

我が家には猫のトイレが10個位ありますが、すべての猫トイレをこのトイレに変えてしまいたいくらい…

しかし、デオトイレに慣れている子と慣れていない子がいるので、すべてを交換するのは無理ですね。

これから猫を飼い始める、猫のトイレに悩んでいるなどトイレの交換を考えているかたには、このシステムトイレ&木質ペレットの組み合わせはとってもおすすめです!

 

 

 

-トイレ, 猫グッズ

Copyright© 教えてキャットフード , 2018 All Rights Reserved.